格安スマホでおすすめってどれ?

今ではスマホを持っているという方が大半ではないでしょうか。
場合によっては複数台持っているという場合もあるかもしれません。
少しでも安くお得に。そのような方々に人気となっているのが格安スマホなのです。
そこで今回は、格安スマホのおすすめについていくつか見ていきましょう。

とにかく安く!という方に

価格を重視して選ぶという方法についてまずは見てみましょう。
格安スマホの場合、その相場平均は1~5万円前後となっています。
スペックは多少落ちるというものもありますが、価格にこだわりたい場合であれば1万円前後でスマホを購入可能なのです。

ある程度のスペックがほしいなどという場合は3万円前後を目安にするとよいでしょう。
格安スマホであってもキャンペーン割引などが行われているかと思いますので、そのような情報もしっかりとチェックしておくのもおすすめです。

昨日にもこだわりたいという方へ

格安スマホであっても、十分な機能性をもっているものも少なくありません。
使用感と直接影響するものとしては「CPU」「カメラ」「電池」かと思います。
4万円~5万円程度の格安スマホであれば十分不自由のないスペックのものを手に入れることができるでしょう。
一般的な使用であれば2万円~3万円程度がおすすめです。

カメラ機能はあまり使わない・電池の消耗を気にするほどの使用頻度がないなどというばあいでは1万円前後のものであっても満足できるかもしれません。

おしゃれに格安スマホを使いたい方へ

スマホは毎日持ち歩くものですから、やはりおしゃれにという声もあるかもしれません。
最近では、格安スマホもデザインやカラーバリエーションも増えています。
中には、限定色などといったプレミア感があるものもリリースされているのです。
デザインからでも十分に選んでいただけます。

格安スマホを使ってみませんか

今回は、いくつかの角度からおすすめの格安スマホについてみていきました。
詳しい知識がなくても手にすることができるかと思いますので検討してみてはいかがでしょうか。

格安スマホを利用する際に注意するポイントとは
格安スマホを利用する際に、格安SIMについての知識や注意点というものが大切になってきます。
これを知っておくことでさらに快適な利用をしていただけるでしょう。
そこでここでは、格安を利用するための注意点についていくつか触れていきましょう。

通信速度に対する注意

キャリアと比較をすると通信速度は安定しないかもしれません。
多くの人が利用をする時間帯には遅くなる可能性もあるということは認識しておきましょう。
ストレスがかかってしまうほどだということは少ないようではありますが、キャリアと全く同じ速度ではないということは注意が必要です。

通話が多いという方へ

格安スマホは、データ通信を中心に仕組みが考えられている部分があるのです。
これが何を指しているのかというと、通話料金が高めに設定されているというケースが多いということです。
ですからもし、通話が多いという方などの中には、オプションを考えなかったことによって結果としてキャリアのほうが安かったなどということも考えられることなのです。
そのためにも、プランを十分に考えてかけ放題プランを提供しているものを利用するなどするとよいでしょう。

格安スマホについて詳しくわららないという方に

注意点を含め、詳しく知りたい・格安スマホについて知らないという方は、おすすめの格安SIMと格安スマホというサイトを見てみるとよいでしょう。
格安スマホとは・格安SIMとはどのようなものかをわかりやすく書かれているものを参考にすると安心して利用をしていただけるかと思います。
ブックマークをしておくといつでも読み返すことができて便利なのでおすすめです。

注意点を踏まえるとは大切

注意点ということを中心に見ていきましたが、こうした点を認識し抑えておくことで満足度の高い利用ができることでしょう。

ここで紹介した注意点以外にもさらに詳しい解説がされているサイトもありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか? ☞ https://xn--sim-g73b1ca2iwb1lpwwl9a1020kea3789bfa.com/

格安SIMと山間部の問題

昔と比べて今ではほとんどの携帯電話が山間部でも使えるようになっています。しかし安いうえに格安SIMが使えないと考えている人も多いでしょう。その説明を行っています。

山間部で繋がらないと困る人もいるでしょう。そんな方が格安SIMに切り替えてしまうと、繋がらない問題が起きることも。ほとんどの場合で問題にならないことが多いですが、所有するツールによって変わることもありますので、よく理解してから切り替えることが大切です。

ほとんどの格安SIMがドコモ回線を使っている

格安SIMを提供するMVNOというのは、回線設備を持っておらず大手キャリアからレンタルすることで運営をしています。よって購入した格安SIMというのは大手キャリアの回線を借りているだけです。しかもその多くがドコモからになっていますので、ほとんど問題がないと言えます。

ドコモといえば広範囲のエリアそして繋がりやすいことが定評ですので、山間部であってもそれほど問題が起こりにくいと考えられます。ただしひとつ注意してほしいことがあります。この問題によって繋がらないことも。

bandの問題で山間部では使えないことも

ドコモでは3GのBandを1/6/9/19、4Gでは1/3/19/21が割り当てられています。時間帯によって振り分けられることにより、格安SIMでも繋がりにくさや速度に問題が起きることもありますが、ほとんどの場合わからない程度です。しかし山間部になると事情が異なってきます。

携帯電話ではすべてのバンドに対応できている端末もあれば、できない端末もあります。特に3Gのband6が郊外や山間部に対応していることから、これに対応できていない端末であれば繋がらないことが多いです。

持っているスマートフォンによって変わってくる

要するに所有しているスマートフォンによって変わってくると考えてください。キャリアの分割支払いで購入するような端末であればまず問題がありません。状況によってSIMロックの解除をフリーにして使うと良いでしょう。

しかし格安スマホにあると、そのbandに対応できていないこともあります。そうなると山間部ではほぼ使うことができないでしょう。あくまでも格安SIMの問題ではなく、端末の問題になると捉えるようにしてください。このようなことから、山間部で繋がらないと困るような方は、端末に関心を持つことをおすすめします。これだけで問題は解決に向かうはずです。

関連記事

    None Found